この世界の片隅に動画全編配信無料


この世界の片隅に 動画 全編 配信 無料

アニメ映画「この世界の片隅に」の動画全編無料配信の無料視聴について。
アニポ、bilibiliの違法ダウンロードは逮捕やウィルス感染の危険性が!
正規ルートの高画質動画が安心安全(・∀・)b

 

 

この世界の片隅に 映画

 

アニメ映画「この世界の片隅に」の動画全編を視聴できるサイトをご紹介します。

 

正規配信の高画質動画サイトのみをご紹介しています。

 

TSUTAYAディスカス 500円
auビデオパス 500円
FOD 2,500円(購入)
U-NEXT 540円
ビデオマーケット 432円
dTV 400円
楽天TV 432円

※ 本ページの情報は2017年9月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

 

 

まず、分かることはアニメ映画「この世界の片隅に」を無料で配信しているサイトは無いということ。

 

サイトごとに少し料金が違いますが、視聴料金は400円〜500円ですね。

 

 

さて、ここでポイントとなるのは初回登録時にボーナスポイントがもらえるサイトがあるということです。

 

ボーナスポイントがもらえるのは以下の3つのサイトです。

 

 

さらにどのサービスも登録してから約1ヶ月のあいだ無料で利用できるのです。

 

つまりTSUTAYAディスカスU-NEXTauビデオパスなら、無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

 

point 映画「この世界の片隅に」の高画質フル動画を合法的に無料で視聴できる

 

というわけです!

 

⇒ TSUTAYAディスカスで無料視聴

 

⇒ U-NEXTで無料視聴

 

⇒ auビデオパスで無料視聴

 

 

TSUTAYAディスカス

 

無料期間:30日
初回登録時に1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら <<

 

au ビデオパス

 

無料期間:30日
初回登録時に540コインもらえます。
無料期間終了後:月額562円
動画数:10,000本
au IDをお持ちなら断然オトク

>> 公式サイトはこちら <<

 

FOD フジテレビオンデマンド

 

無料期間:31日
月額888円
動画数:1,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

 

U-NEXT

 

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら <<

 

ビデオマーケット

 

初月無料
無料期間終了後:月額500円 or 980円
毎月540ポイントがもらえます
動画数:160,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

 

dTV

 

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら <<

 

楽天TV

 

無料期間:31日
無料期間終了後:月額2,149円(プレミアム見放題パック)
動画数:150,000本以上
楽天ポイントも貯まる

>> 公式サイトはこちら <<

 

 

どのサービスも無料動画が充実していますので、「この世界の片隅に」の有料視聴が終わったら、

 

point 無料期間中に名作映画やアニメ、ドラマなどを視聴しまくることをおすすめします。

 

各サービスを順番に利用していけば、7ヶ月日間ものあいだ無料動画を見放題できるというわけです。

 

 

 

 

 

この世界の片隅に 受賞歴

 

第90回キネマ旬報ベスト・テン日本映画第1位。
日本映画監督賞受賞。

 

 

 

 

この世界の片隅に 無料 動画

 

映画 この世界の片隅に 予告編

 

 

 

映画 この世界の片隅に Blu-ray & DVD 発売告知CM

 

 

 

 

 

この世界の片隅に 感想

 

映画館で「この世界の片隅に」を視聴した人に感想をインタビューしました。

 

 

本編では、基本的に主人公すずを通して見えている世界を描き出した私小説みたいです。

 

すずを通して見えた戦時中の風景や心情を書いてるために、物語の前半部分は、緊迫した戦時下でもどこかにのんびりとした柔らかく優しい情景が広がっています。

 

日常世界をどこか幻想的に映し出すきれいな画像はびっくりするくらい見ごたえ十分です。

 

抑えめの色使いで彩られた画面に癒やされます。

 

そうそう、すずの声優を務めたのん(能年 玲奈)本人を活かした、天然系でふわっとしたあたたかみのある声色が、ぴったりはまっていました。

 

片渕監督の抜擢理由が、「コメディ演者としての自覚や表現へのこだわりが強く、生活感をフラットに出せる演者であったこと」(片渕監督の抜擢理由)とあったように、主人公すずのコミカルでおおらかな性格にぴったりフィットしたと思います。

 

衣食住全てにおいては、配給制限や闇市での物資の高騰が生活を圧迫する中で、人々が協力しあい工夫して毎日の生活を少しでも充実させようと懸命に取り組むシーンが心を打たれました。

 

すずという普通の女性から見えた生活風景を淡々と精緻に描き出すことで、戦時中の厳しさが自然に浮かびあげられます。

 

そして、戦局が悪化するにつれて、大切な人との死別が日常風景になり、天真爛漫なすずでさえ笑顔が消えていくような、暗いトーンへと落ち込んでいくのは見ていてつらかったです。

 

また、8月6日の広島への原爆投下です、近所の刈谷さんの息子が自宅の前で座って亡くなっているシーンが描かれ、すずの広島の実家の母は原爆で即死、父は10月に病死しました。

 

妹は原爆後遺症で寝たきりになりました、これには涙が出ました。

 

戦局が悪化し、空襲が日常化するとともに、懸命に平静を保とうとするも徐々に壊されていく大切な家族や衣食住、そして、多くの人が戦争で傷つき、亡くなって行く。

 

けれど、戦時中なのでお国のために亡くなった英霊に対して人前で泣くことすら許されない。

 

そして、すずと周作の恋愛映画でもありますが、すずは、見ず知らずの家に就職面接をするかのように北條家へ嫁入りします。

 

日常生活や苦楽をともに過ごす中で二人の関係が深くなり、本当の家族になっていくプロセスは、恋愛結婚が主流となった現代では想像しづらい展開です。

 

恋愛観ひとつ取っても、70年前と今では全く違ってきているのだな、と感じさせられました。

 

すずは幼少期からずっと、北條家へ嫁入りするまで、一貫して自分自身を抑えて慎ましく生きてきました。

 

思いを言葉で表現するのが不器用なため上手く自己主張できなかったので、絵を描くことで上手く昇華され、絵の中に自分の居場所を見出していました。

 

そんなすずが、空襲で利き手を失い、それまで北條家の嫁として家族の世話をする一方だったすずは、一転して世話をされる立場へと変わり、絵に自分の感情のはけ口を求めることもできなくなります。

 

手を失ったことで、すずはようやく声に出して自分の思いを周りに伝え始めます。

 

逆らったことのなかった夫と口げんかをしたり、小姑の径子に甘えたり、絵を描くための大事な片腕を失うという大きな代償は払いましたが、タイトル通り「この世界の片隅」にしっかりと自分の居場所を作れたのではないでしょうか。

 

この世界の片隅に 感想


 

 

観るきっかけになったのは、映画好きの職場の先輩から「この世界の片隅に観たか?」と聞かれたことでした。

 

そのときはどういう映画の内容か分からず、ネットでイオンシネマのサイトで概要を見て予約することにしました。

 

主人公は田舎に住む女の子で、時代とともに少しずつ成長していくさまが描かれています。

 

絵はスタジオジプリに近い暖かいタッチでほのぼのとしていますが、人気タレントが声優を務めていることもあり、言ってみればより一般人的な感覚が伝わってきました。

 

主人公の家族も、作中の時代の一般家庭の生活がうまく研究されており非常に言い部分も悪い部分も生々しく表現されていたように思います。

 

基本的にアニメが好きという方なら誰にでもオススメできる作品だと思います。

 

内容としてはアクションとかSFではなくヒューマンドラマといったところでしょうか?

 

明るい場面と暗い場面がバランスよく描かれているので上映時間は結構長いですが、飽きずに最後まで楽しめることは間違いありません。

 

この世界の片隅に、は幅広い年代の方にオススメできる作品です。

 

この世界の片隅に 感想


 

 

 

 

この世界の片隅に 動画 視聴

 

もう一度、「この世界の片隅に」の動画を無料で見れるサイトをまとめておきます。

 

⇒ U-NEXT

 

⇒ auビデオパス

 

⇒ TSUTAYAディスカス

 

 

無料視聴期間中にボーナスポイントを使用して視聴すれば無料で見られるという意味です。
※ 本ページの情報は2017年9月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。